2進数の足し算引き算

スポンサーリンク
基本情報技術者

基本情報技術者試験に出る内容を解説していきます。

足し算

10進数の足し算と同じように筆算で行うと分かりやすいです。
2になったら桁を繰り上げします。

引き算

10進数の足し算と同じように筆算で行うと分かりやすいです。
引けない時は桁を繰り下げし2にします。

補数

ビット…桁数
1の補数…その数の桁で最大値になる数にする数
2の補数…その数の桁上がりにさせる数

例)4ビットで2進数11の場合
 1の補数…1111-0011=1100
 2の補数…10000-0011=1101

補数を使用した計算

コンピュータは足し算しか出来ないので2の補数を使用して計算しています。

例)10進数の5-3を2進数4ビットで表す
  5ー3=2
  5=0101、3=0011、2=0010
  0101-0011
  =0101+(-0011)
  =0101+(10000-0011)
  =0101+(1101)
  =10010 ←4ビットで計算しているため5ビット目を切り捨て

コメント

タイトルとURLをコピーしました