基本情報技術者

文字コード

基本情報技術者試験に出る内容を解説します。 文字コード コンピューターは文字に数値を割り当てることで文字を表現しています。文字を数値に割り当てた物を文字コードと言います。基本文字は1バイトで表現するので下記表に文字を割り当てて...
基本情報技術者

基本単位と補助単位

基本情報技術者試験に出る内容を解説します。 基本単位 ビット…コンピューターの最小単位    2進数の0又は1で表現    単位記号(b) バイト…1バイト=8ビット    2^8(256)通り表現可能    メモリやH...
基本情報技術者

ビット操作とマスクパターン

基本情報技術者試験に出る内容を解説します。 ビットを反転させる コンピューターは足し算しか出来ないので負の数を正の数に変換。負の数を正の数に変換する時2の補数を使用。2の補数は負の数を反転させて1足した数。反転作業を論理演算で...
基本情報技術者

半加算器と全加算器

基本情報技術者試験に出る内容を解説します。 半加算器と全加算器とは 加算器…2進数の足し算を行う回路半加算器…1桁目の計算を行う加算器全加算器…2桁目以降の計算を行う加算器 半加算器 A+B=CS(C=2桁目の数 ...
Uncategorized

論理回路

基本情報技術者試験に出る内容を解説します。 論理積回路 論理積(AND)の回路図の書き方A・B=Y 1・1=1 論理和回路 論理和(OR)の回路図の書き方A+B=Y 1+0=1 否定回路 ...
基本情報技術者

論理演算とベン図

基本情報技術者試験に出る内容を解説します。 論理演算とは 論理演算とは真偽値(AND、OR、NOT)を用いた演算ド・モルガンの法則やベン図を使用すると分かりやすいAND…論理積とも言い記号は「・」OR…論理和とも言い記号は「+...
基本情報技術者

誤差

基本情報技術者試験で出る内容を解説します。 誤差とは 誤差とは実際の数値と表現できる数値のずれ。例)円周率の3.14 誤差の種類 ・桁あふれ誤差 限られたビット数の最大値、最小値を超えた時に生じる誤差。 最大値を超...
基本情報技術者

2進数の小数の表し方

基本情報技術者試験で出る物を解説します。 固定小数点数 ビット列の特定の場所に小数点を付けて表す数 浮動小数点数 ±0.●●×2^●の形で小数を表す数仮数…0.●●の数指数…^●の数正規化…0.0●を0.●...
基本情報技術者

2進数のシフト演算とかけ算わり算

基本情報技術者試験に出るものを解説します。 シフト演算 ・論理シフト ビット数を固定して左右にずらす方法。 左論理シフトは2^n倍でn分左にずらす 右論理シフトは1/2^n倍でn分右にずらす ・算術シフト 符号ビ...
基本情報技術者

2進数の足し算引き算

基本情報技術者試験に出る内容を解説していきます。 足し算 10進数の足し算と同じように筆算で行うと分かりやすいです。2になったら桁を繰り上げします。 引き算 10進数の足し算と同じように筆算で行うと分かりや...
タイトルとURLをコピーしました